FC2ブログ

記事一覧

こずえです

TWDのお話~~~~。本当に楽しい、ありがとう!
ハリコン機会があれば是非参加してみて欲しいです(^-^)
最近はマンネリ化してきたくだりから少し変わって、また面白い話になってきたので見応えありますね。
イライラしちゃう所も相変わらず多いけど…。
あの世界では善人過ぎても生きていくのが大変そうですね。
良くも悪くも悪人が目立ちます、「黒い羊効果」ですね。
.
.
.
昔からブログみてくれてるの、この前コメント欄をすらーっとみてたら同じお名前の方がいらっしゃったので、もしかしたら??と思いました!
ありがとうございます。
私のブログを見て興味を持ってくれる方に嫌な人なんていないですよ~。
見てくれてコメントくれてそれだけでまずお話は通じるということじゃないですか!!
むしろ私もこんな淡白で、言いたいことはっきり言っちゃう性格なのに、優しいコメントくれて有難いなあって思ってます。
.
.
.
ぜひタイミングが合う時にいつでもお話しましょう(*^_^*)!
.
.
.
さて、落ち込んだ気持ちを少し元に戻すためにこの間映画を二本みてきました。
まず『運び屋』です。
クリント・イーストウッド監督主演の作品。
いい意味で「予告詐欺」な映画だと私は思いました。
こちら側が予告で受け取るストーリーと本編は結構印象が違いました。(私論)
ちなみに予告もクリント・イーストウッドが考えたそう。
実際に会った事件を題材にしてるみたいです。
私はいつも映画をみ終わったあとに、結局この作品が視聴者に伝えたかったことは何なんだろう?と考えてみます。
例えば『グレイテスト・ショーマン』なら、諦めなければ夢は掴めるだったり、昔はこんなに差別が酷かったんだあだったり。『タイタニック』なら、命をかけて愛するということ、生きるか死ぬかのピンチの時はやっぱり家族でも恋人でも愛する人と一緒に居たいなあ、とか。
今作に関しては私は少しハテナが浮かんで…。
家族との時間は大切にしよう、とか??それだとあまりにも単純すぎる。もっと何かあるはず、な気がしちゃって、腑に落ちない。
しかし名言が飛び交う飛び交う。
「100歳まで生きたがるのは99歳まで生きたやつだけだ」(曖昧)とか、特におおお、となりました。
.
さすがイーストウッド様だなあ、と思いました。
.
.
.
次は『グリーン・ブック』です。
期待したい作品ほど念入りに予告をみない派なので、こちらは『アリー・スター誕生』をみたときの劇場予告以来みなかったんです。
完全に新鮮な気持ちでみはじめたので、私は疑問などはなく最後まで作品を楽しめました。
見応えがあり、とても良かったです。
黒人ピアニストと彼の送迎兼マネージャー(仮)をする白人男性との話。
中々気が合わないふたりが徐々に打ち解けていく感じがにこにこできたりして、良かったです。
こちらも実在の人物を元にしているお話です。
二人の感情を頭の中で考えながらみていたので少し疲れてしまいました。笑
昔は今より生きにくい世界だったんだなー。
.
.
.
どちらの作品も泣くほど悲しいシーンや感動のシーンは私は無かったのですが他の人はどうなんだろう?
感情が荒ぶることがないのでみやすかった。
.
.
.
私的映画のレビューでした。
.
.
.
.
火曜日17~22
水曜日16~22
どちらも横浜店になります。
何卒よろしくお願いします。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント